愛知県・名古屋のオーダメイド枕・寝具の専門店「ぐっすり屋」

COLUMNコラム

  • TOP
  • コラム
  • 羽毛ふとん工場へ行ってみた!【その1】 2015.11.13 扶桑店

羽毛ふとん工場へ行ってみた!【その1】 2015.11.13 扶桑店

羽毛ふとん工場へ行ってみた!【その1】 2015.11.13 扶桑店

みなさまこんにちは! 丹羽郡扶桑町イオンモール扶桑1Fの寝具専門店【ぐっすり屋扶桑店】栗本です。

先日、羽毛ふとんの工場へ研修へ行ってまいりました!
西川リビングさんの羽毛ふとんを製造されている「西川テックスさん」です!
151113_tex1
青空よりも青い看板がお出迎え。


151113_tex2 151113_tex3
まずは、「品質管理室」であります。
入荷した羽毛のサンプルの品質をチェックされています。
151113_tex4 151113_tex5
「組成混合率」のチェック。ダウンを手作業で選り分けながらダウン/フェザーの
混合率を厳しくチェックするのだそうです。わずか3gの羽毛を選り分けるのに、
3日間を費やすのだそうです。ところで、そのチェックで問題有りと判断された
場合、対象の羽毛は即返却!なのだそうです。

151113_tex8 151113_tex9
こちらは、鳥種鑑定用顕微鏡であります。
顕微鏡でダウンをモニタに拡大表示し、主に「ダック(アヒル)」のダウンなのか、
「グース(カチョウ)」のダウンなのかをチェックするのだそうです。
151113_tex10 151113_tex11
ダウンの羽枝には「節」という部分があるそうです。
「ダック」の節は羽枝の先端部分に集まっています。比べて「グース」の節は羽枝
全体に均等についているのが特徴なのだそうです。
もちろん、鳥種に問題があった場合、即返却!なのだそうです。

151113_tex12
この長い筒は、羽毛の清浄度を検査する器具です。
水に入れて攪拌(かくはん)機で45分間洗浄し、
その洗い水を筒に入れます。

筒の底には黒い線で十字(+)が書いてあり、
その十字がきちんと確認できなければなりません。

水が白濁し、十字がきちんと確認できない場合、
やはりその対象羽毛は即返却!なのだそうです。
私たちに解説をしてくださった工場の方の「即返却!」という言葉が
とても印象的だったので、この文章にもあえて多く記述してみました。

「チェックで不適当と判断された原毛は、こちらで羽毛ふとんに加工することは絶対にありません!」

というお言葉がなんとも頼もしく感じました!西川テックスさん、安心して販売できる羽毛ふとんをいつもありがとうございます!


次回は【制作現場編】です!

—————————————————————–
オーダーメイド枕をはじめ、西川のエアー、マニフレックスなど様々な機能を 持つベッドマットレスなど専門店でしかできない寝具専門店ならではの深~い ご提案でみなさまの「ぐっすり」をサポートします! ぐっすり屋扶桑店 愛知県丹羽郡扶桑町南山名大字高塚5-1 イオンモール扶桑1F 0587-93-0563

店舗一覧